ようこそ 新潟 建設業許可 申請センターです


新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ12階 【運営】大矢行政書士・社労士事務所


新潟で建設業許可の取得なら専門の行政書士事務所に申請代行をお任せください。新規取得・更新・変更など、あらゆる書類作成や申請手続きを代行いたします。

ご相談は初回無料・ご予約はお電話で
 取得できそうか、お電話で回答できます 

新潟|建設業許可取得申請代行センターの問い合わせ&無料相談申込みダイヤル

スマートフォンならタップで通話発信

新潟|建設業許可申請代行センターのスタッフ一同
所長 大矢 和也(前列中央)

こんな方はぜひ当センターへ
こんな新潟の会社様はぜひ建設業許可申請代行センターへ
  • 元請会社に「建設業許可が無いと仕事が出せない」と言われた。
  • 大きな工事が受注できそうなので、大至急で許可を取りたい。
  • 業務拡大のため、公共工事の入札に参加したい。
  • 業務が忙しく、書類作成や手続きを自分でやるには時間が無い。
  • 自分で申請してみたが受理されなかった、許可が下りなかった。

 当センターは建設業許可取得を目指す法人さま・個人さまの為に、必要書類の作成から申請手続きまでをワンストップで代行する新潟市中央区の行政書士事務所です。確実に建設業許可を取得したいアナタを全力でサポート、浮いた時間で本来業務に専念できます。

面倒な手続きは専門家にお任せ


自分で新潟の役所に建設業許可の申請手続きしてみても…
書類の作成は…
日々の業務に謀殺され、書き方も分らず塩漬け・後回しになりがち
役所との事前協議では…
何を聞いたら良いか分らない…。平日は現場で仕事があるし…。
役所への申請では…
記載の不備で何度も足を運んだり、受理して貰えない事も
許可取得後も…
5年毎の更新申請を忘れ、失効してしまう恐れも


新潟 建設業許可申請代行センターに手続きを任せれば…
書類作成・申請が早い
テキパキと書類作成が完了して迅速に申請【最短20日】
役所と事前協議できる
忙しいアナタに代わって要点を押さえた協議を代行。
申請も1発で完了
確実に受理され、すぐに審査が開始される。
許可取得後もサポート
更新時期をお知らせ。ウッカリ失効の心配が無い。


建設業許可取得3つのメリット【新潟】
建設業許可取得のメリット、その1【新潟】

500万以上の受注ができる

1件当たり500万円以上の工事の請負いが可能に。上限は無く大きな工事が受注出来ますので、貴社の業績向上が見込めます。又、建築工事一式では1500万円以上の受注が可能、延床150㎡以上の木造住宅の工事も受注できます。

 

建設業許可取得のメリット、その2【新潟】

受注の拡大が見込める
下請けの場合、500万以下の工事でも元請け会社様から建設業許可の取得を求められる場合があります。建設業許可を取得すれば元請け会社様も安心して仕事を回して下さるようになり、受注拡大が見込めます。

 

建設業許可取得のメリット、その3【新潟】

公共工事受注の道が開ける
公共工事の入札参加には、建設業許可を取得していることが必要です。公共工事受注は貴社の安定経営に資するばかりでなく、信用力の向上により新規取引先の開拓にも繋がります。


任すなら実績豊富な当センター
新潟 建設業許可申請代行センターをご利用下さった江南区の建築事務所さま
株式会社 Yui建築事務所さま【新潟市江南区】
建築業の経営スタンスを分かってくれる方が理想でした。ホームページ見たら建築業の法人設立を含めた許可取得経験もおありのようでしたし、実際の相談についても疑問に思ってた事をぶつけるとパパッと答えが返ってきてスムーズに許可を受けることができて助かりました。
取得実績のあるエリア【新潟|建設業許可申請代行センター】

新潟市、新発田市、聖籠町、阿賀野市、五泉市、胎内市、村上市など。

他、三条市や長岡市や上越市など新潟県内各市町村も対応させて頂きます。

建設業のイメージ
取得実績のある業種【新潟|建設業許可申請代行センター】

リフォーム工事業、総合建設業、一般住宅建築業、外構工事業、住宅設備工事業、店舗内装工事業、電気設備工事業、総合建設業、電気通信工事業、鉄骨工事業、土木建設工事業、とび土工業、機械設置工事業、消防設備工事業、地盤改良工事業、自動車整備業、水道設備工事業、温室ハウス建設業、仮設会場建設業、配管工事業、屋根工事業、農業設備工事業、左官工事業、建具製造工事業など。

上記以外にも… 建築板金業・造園業・塗装業・舗装工事業、防水工事業・石材工事業・さく井工事業・解体工事業・しゅんせつ工事業・タイル工事業・煉瓦ブロック工事業・冷暖房設備工事業、冷凍冷蔵設備工事業・空調設備工事業・給排水給湯設備工事業・厨房設備工事業・浄化槽工事業・清掃施設工事業・ガラス工事業・衛生設備工事業・鉄筋工事業・コンクリート工事業・ダクト工事業などなど、様々な職種や業界において建設業許可の取得申請を代行いたします。


料 金
新潟 建設業許可申請代行センターの手続き料金・価格表
※戸籍謄本、住民票等が必要となる場合、原則として依頼者様に取得して頂きます。
最もオーソドックスな一般建設業 新潟県知事許可で190,000円〈税別〉※収入証紙代などの実費を含む総額
上記費用は目安となります。お客様の状況により異なりますので、詳細はお見積りさせて頂きます。
個人事業での建設業許可の料金も法人の場合と変わりございません。

業種によって建設業以外に別の許可や登録が必要になる場合がありますが、当センターにて申請代行可能です。

<代行手数料の一例>

  • 解体工事業登録 6万円
  • 電気工事業登録 5万円
  • 産廃許可   20万円

※上記の他に、消費税や登録免許税などの申請実費が必要です。



社会保険にも加入される際は注意が必要です


新潟 建設業許可申請代行センターなら社会保険加入にも対応します。

 建設業許可を申請取得する際に「社会保険加入」が必要となるケースがありますが、保険料を考慮せずに加入して予想外の経費(毎月の保険料負担)に苦慮される会社様が実は多いのです。


 当センターは社会保険労務士事務所を併設しておりますので、社会保険加入後の保険料負担を見据えた給与体系などのご相談・アドバイスや、手続き代行までお引受け可能です。

建設業許可取得の流れ
ステップ1:初回の無料相談【新潟|建設業許可申請代行センター】

❶ 初回の無料相談
許可取得見込みや今後の流れ等ご説明させて頂きます。他に疑問やご不安に思われている事は何でもご質問下さい。手数料の概算もお伝えさせて頂き、正式なお見積書は後日(基本翌日)に提出させて頂いております。

 

ステップ2:ご依頼・ご入金【新潟|建設業許可申請代行センター】

❷ ご依頼・ご入金
お見積りやサポート内容にご納得頂けましたら、正式にご依頼ください(電話でもOK)。お見積りの内容でご請求書を発行させて頂きますので、ご入金をお願いいたします。

 

ステップ3:各種申請書類の作成【新潟|建設業許可申請代行センター】

❸ 各種申請書類の作成
ご入金の確認が取れましたら業務に着手いたします。申請に必要な各種資料(書類)のリストをお渡し致しますので、ご用意ください。当センターが役所と事前協議も行います。

 


ステップ4:地域振興局への申請【新潟|建設業許可申請代行センター】

❹ 地域振興局への申請
完成した申請書類に押印頂いた後、役所に提出いたします。申請受理(窓口審査を通過)後に副本が返却されますので、お客様へ郵送いたします。

 

ステップ5:許可取得・許可証お渡し【新潟|建設業許可申請代行センター】

❺ 許可取得・許可証お渡し
新潟県の建設業許可申請(知事許可新規)は申請受付後、約30日ほどで許可されます。

 

ステップ6:金看板のご準備【新潟|建設業許可申請代行センター】

❻ 金看板のご準備 ※オプション
会社に掲げるいわゆる金看板(建設業許可業者の標識)は役所から支給されるワケではございません。ご入用でしたら当センターでもご用意可能です。看板代実費(3~10万円)のみ申し受けます。

 


建設業許可申請のポイント【新潟】
POINT
ご依頼から申請まで、最短20日ほどです。所要日数はお客様の都合により前後いたします。
建設業の許可取得にはそれなりのお時間が掛かりますので、お急ぎでしたら無料相談申込みダイヤル 025-240-5008 まで、無料相談の日時をご予約ください。
よく頂くご質問

Q:新潟市外でもお願いできますか?
 新潟県内であればどこでも対応させて頂きます。但し、当センターにご来所頂けるお客様に限らせて頂いております。実績として村上市・新発田市・胎内市・阿賀野市・五泉市・聖籠町などの地域で建設業許可取得をお手伝いさせて頂いた経験がございます。


Q:相談は来て頂く事もできますか?
 訪問対応も可能です。但し当センターにご来所頂いた方が資料が揃っておりますので話が早いかもしれません。お忙しくてご来所が難しい方のみ訪問対応させて頂きます。訪問対応の際は出張費を申し受ける場合がございますので予めご了承ください。


新潟 建設業許可申請代行センターの初回無料相談

Q:2回目以降の相談は有料?
 まだ許可取得を決めかねていたり、当分先だけどもう一度相談されたい方は、1回1万円〈税別〉にてお願いしております。


Q:会社設立と同時に建設業許可を取得できる?
 できます。申請は法人登記後となりますが、書類作成などの下準備は同時並行で進められます。


Q:個人事業でも建設業許可を取得できる?
 許可取得できます。申請費用は法人の場合と全く同じとなります。


Q:個人事業での建設業許可は法人化後も有効?
 いいえ。法人化したら、改めて申請・取得する必要があります。個人で許可が取れていれば、ほぼ問題無く再許可されます。


Q:申請が許可されなかった場合は?
 要件を満たしていれば必ず許可されます。ご相談時に許可取得の要件を満たしているかどうかを判断した上で受託いたしますので、申請したのに不許可となるという事はございません。許可要件を満たしていない場合は、初回ご相談時にお伝えさせて頂きます。


Q:要件を満たしていなかった場合は?
 どのようにしたら要件を満たせるか、できるだけ早期に許可が取れるようアドバイスさせて頂きます。



ようこそ 新潟 建設業許可 申請センターです


新潟市中央区万代3-1-1 メディアシップ12階 【運営】大矢行政書士・社労士事務所


新潟で建設業許可の取得なら専門の行政書士事務所に申請代行をお任せください。新規取得・更新・変更など、あらゆる書類作成や申請手続きを代行いたします。

ご相談は初回無料・ご予約はお電話で
 取得できそうか、お電話で回答できます 

新潟|建設業許可取得申請代行センターの問い合わせ&無料相談申込みダイヤル

スマートフォンならタップで通話発信

新潟 建設業許可申請代行センターの職員一同
所長 大矢 和也(前列中央)


事務所のご案内【新潟|建設業許可申請代行センター】
お問合わせ・無料相談のご予約【新潟|建設業許可申請代行センター】